作業実績

スズキ カプチーノ タイヤ交換

2017.10.12


こんにちは。PITステーション1号線豊明店です。

先日作業したお車を紹介します。

スズキ カプチーノ

1991年11月発売。軽自動車の枠で、この当時のユーノス・ロードスターのように、フロントエンジン・リアドライブ(FR)を採用し、現実性を考慮した上でスポーツ性能を追求したスズキのフラッグシップモデルとされる。
軽自動車のオープンスポーツカーで、FRレイアウトを採用していることから、ときには『軽のユーノス・ロードスター』ともとらえられていたこともあった。
同時期に市販されていた軽自動車のスポーツカーの中で唯一のFRレイアウトで、フロントアクスルより後部にエンジンの重心を位置させる「フロントミッドシップ」を目指し、フロント51対リア49という重量配分を実現している。
またエンジン縦置きで生まれた左右スペースを活かし、軽自動車初の4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用していた。

車体剛性の確保には、プロペラシャフトを通すセンタートンネルと、大きな断面積を持つサイドシルを利用しており、車内容積については「世界一居住空間の狭い車」と表現した自動車雑誌もあった。
Inked1507788571750_LI

14インチ

155/6514 4本交換 5,000円(税別)

装着タイヤ ブリヂストン ネクストリー

H 様 この度はありがとうございました。
次回も是非PITステーションをよろしくお願いします。

PITステーション HP
http://ps.sanyu1928.com/1号線豊明店
0562-97-0801
sanyu-pit0801@sirius.ocn.ne.jp
過去のブログはこちら
http://ameblo.jp/pit-station/