作業実績

トヨタ セルシオ タイヤ交換

2020.10.31


PITステーション四日市店です。冬のタイヤのご準備は出来てますかー。スタッドレスも交換されない方は夏タイヤのチェックはお忘れなく。雪道は走らないって言っても減ってるタイヤは雨でも怖いですからね。冬なんて路面温度も低いですから。ちょっとタイヤの予算がなーいって方はアジアンタイヤを試してみてください。今までの概念変わるかもしれませんよ。

今日はそんなお話。

 

先日ピットステーション四日市店で作業させて頂いたお車をご紹介いたします。

TOYOTA CELSIOR

セルシオが世にデビューしたのは30年以上前の事。アメリカの高級車市場にレクサスブランドで投入されたLSの日本名がセルシオ。

ええ、私中学生でプラモデル作りましたよ。

当時はなんでも目新しくって装備がすごいのなんの。電動で動くシートやもうびっくりしたのを覚えています。

V8、4000ccとゆうハイスペックエンジンとかは中学生の私にはあまりピンときてなかった・・・あ、大きいんだな位。

とにかくすんげー高くて高級車ってのがセルシオって思ってました。

 

今回、作業させていただいたお車がセルシオ3代目にあたりますね。セルシオ名では最終型です。セダンよりもRVが好きだった私はこの車の事をよくわかってなかったんですが、職場の後輩がセルシオが乗りたい。30後期が乗りたい。サンルーフで白が乗りたいっていつも言ってたので、そんなに詳しくなかったのに前期と後期の違いをいつの間にか覚えてしまいました。もう何十年も前の話ですが。

そんな後輩の憧れの車が来た時に、当時の事をちょっと思い出しながら作業させていただきました。(そんな彼は今エステイマ)

いやあ、今見ると、かっこいいですね。乗り心地なんて最高なんでしょうね。ヤンキー兄ちゃんの憧れの車にセルシオが出てましたが、純正で乗ってるのもかっこいいなーって思いました。貴重ですね。

17インチタイヤ交換

今回はアームストロングというタイヤです。

お客様も初めてのアジアンタイヤだそうです。といってもアメリカのブランドで結構古くからあったみたいで、一時買収されピレリブランドだったんですが、最近またアームストロングのブランドで復活したみたいですね。

メイドインチャイナなのでアジアンタイヤに含まれてますがアメリカのタイヤです。

ただこれオートウェイで在庫切れなのか今は売ってません。つい二週間前に交換したのに。

現状ではREGNOをはかれてましたが、距離を乗るのでもったいないなーとゆうことでアームストロングにされました。

225/55R17 タイヤ交換4本セット 7,700円(税込み)

脱着 組み込み バランス ゴムバルブ タイヤ処分込み込みです。

後日、お客様がご来店され、タイヤをべた褒め!!

正直レグノからアジアンなので心配してたんですが、相当お気に入りの様子でした。

ぶれないし、静かだし、アジアンのイメージが変わったそうです。ちなみにウェットの評価A

新たに他の車を2セット分アジアンタイヤに換えていかれました。相当よかったんでしょうね。

嬉しいです。

興味をお持ちの方。一度、試してみるのもいいと思いますよ。

タイヤのご相談もよかったら是非。

 

 

Y様、ご来店ありがとうございました。

 

 

PITステーション HP

http://㎰.sanyu1928.com/

四日市店

059-336-6760

yokkaichi@sanyu1928.com